デザインの余白

デザイナーの気ままなブログ。デザインのこと、京都のこと、そして気になること。 God is in the Details

ディレクションってなんだっけ

f:id:gridGraphic:20141231114954j:plain

God is in the Detailes


最近タイムライン上で「ディレクション」という言葉をよく見かけるので、僕のディレクションというか仕事について少し考えてみた。

僕の仕事はグラフィックデザインをベースに、ロゴを作ったり広告を考えたり、DMや名刺やカタログをデザインしたり、商品企画したりもするんだけど、単発の仕事=例えば名刺だけを依頼されることは少ない。よくあるのは建築家や空間デザイナーが店舗やイベントの空間を設計・デザインする際にグラフィックを依頼されること。僕はそれらの案件を純粋なグラフィックデザインとは別に、空間を理解しつつサイン計画的な要素が大きいことから「インテリアグラフィックス」と呼んでいる。これは施主(空間の依頼主)からではなく、その空間デザインを依頼された建築家や空間デザイナーインテリアデザイナーから僕に依頼されるもので、そのプロジェクトが終わった後に、また別件として新たに施主から直接広告やグラフィックの仕事を相談される流れとなります。

そして、グラフィックデザインの分野で相談を受けながら、気がつけばそのお店のユニフォームから店舗のツール、広告、WEBサイト、果ては空間そのものまでデザインからディレクションをしていることが多くあります。基本的にグラフィックデザインは僕一人で完結する仕事で、ディレクションは社内外を含めたくさんの人と一緒にチームを組んで仕事を進める際のポジションと考えています。

ディレクション」とは、指導や監督、演出といった意味があると言われていますが、グラフィックデザインの業界では、現場監督といったところでしょうか。このディレクションにも「アートディレクター」と「クリエイティブディレクター」があり、ビジュアル面やデザイン的な表現を取りまとめる人がアートディレクター、元となる企画段階から作戦を練り、アートディレクターやグラフィックデザイナーへ指示・監督をし、他多くのスタッフを手配して予算についてもある程度管理する人がクリエイティブディレクターと考えています。これは一般的な認識だと思うのですが、間違っていたらごめんなさい。ま、お金を管理する人をプロデューサーというのでしょうが、グラフィック業界でこの肩書をあまり見かけないので、CD(クリエイティブディレクター)が兼ねているとします。広告代理店にはプロデューサーの肩書を持つ人も居ますが。

ということで、ざっとディレクターの仕事内容をざ書きましたが、そういう仕事の守備範囲(職能)で考えると、僕はグラフィックデザイナーでありアートディレクターであり、クリエイティブディレクターでもあります。なので、肩書は「グラフィックデザイナー&ディレクター」としています。若い頃はアートディレクターという響きに憧れたけれど、実際に仕事をする上ではどうでも良いなぁと、今では思います。肩書で仕事してる訳じゃないし、どんな肩書であっても、また肩書が無くてもやることは同じだし。

若い(早くディレクターになりたかった)デザイナーの頃は、ディレクターとは企画を考えクライアントに対してプレゼンテーションを行い、多くのスタッフを使ってひとつのプロジェクトを構築・成功させるため、時にはクライアントも説き伏せ、ねじ伏せるような力が必要と考えていたことがあります。例えると、クライアントやスタッフとは対面した位置で全体を引っ張っていくイメージ。出てきたデザインやコピー、写真などをチェックする、どちらかと言うと上から管理・指揮する少し偉そうな感じですね。

しかし、ずっと仕事を続けているなかで僕の意識と仕事の仕方も変わって来て、ディレクターはクライアントの考えを読み取り、その先を見て様々な準備と用意をするために必要不可欠なスタッフを集め的確に手配、スタッフにも投げっぱなし(振りっぱなし)ではなく、進捗や状況を把握して先に手を打つなど、実制作よりも準備とフォローに時間を費やす。クライアントやスタッフとは対面ではなく、横に並ぶイメージです。デザインだけをやるよりも、やることは山のように増えます。企画も考えるし、プレゼンもするし、撮影も行くし、ロケハンもするし、市場調査もするし、展示会にも行くし、打合せ・会議へも参加するし、宴会のセッティングもするし、販売先の開拓のために人をつないだり、出張のための飛行機の手配やホテルの予約まですることもあります。はい、何屋さんなのでしょうか?(笑

無駄に色んなことをやって居るわけではなくて、すべて必然があり、僕がやることに意味があると信じてるんだけど、たまに自分が三人ぐらい欲しい時があります。僕の場合は、クライアントがより良くなるためと信じるデザイン、クライアントを通して世の中が良くなったり、利用する人々が幸せになったりするためのデザインを実現する、その早道が「自分でディレクションする」ということだっただけで、優秀なディレクターに出会っていればフリーランスにはなっていないかも知れません。


いや、過去に素晴らしいデザイナー、ディレクター、プロデューサーにもたくさん出会っているので、僕の性格が組織に向いていないだけかも知れないな。たぶん。。きっと。




それから、デザイナー必読の書をご紹介しておきます。僕のInstagram でも紹介しています。たまにね。(普段は食べたものとか、気になった風景やモノとか、飲んでる人と自撮りするメモ代わり)

「ない仕事」の作り方

「ない仕事」の作り方

 

物事の捉え方、考え方にいつも感心させられつつ笑わせてくれるセンスは抜群。京都の先輩でもある、みうらじゅん氏の著書。デザイナー、企画者として必読の書。

 

口紅から機関車まで―インダストリアル・デザイナーの個人的記録

口紅から機関車まで―インダストリアル・デザイナーの個人的記録

 

 デザイナーになるならこれは絶対に読んでおけと言われた一冊。タイトル通り、口紅から機関車までデザインされていないものはないというお話。かなり字が小さくて読破するには気合が必要。

 

デザインの小骨話

デザインの小骨話

 

 東京大学大学院情報学環教授、プロダクトデザイナー山中俊治先生の著書。デザインにおける視点や考え方など、プロダクトに限らずどの分野にも共通する気づきのエピソードが満載。

 

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

 

Monotype社のタイプ・ディレクターであり、欧文フォントの定番「フルティガー」の改刻を行い、「たづがねゴシック」のデザイナーでもある小林章氏の著書。欧文フォントについての楽しく興味深い70のコラム。グラフィックデザイナー必読。

 

田中一光デザインの世界

田中一光デザインの世界

 

 

伝統と今日のデザイン

伝統と今日のデザイン

 

日本のグラフィックデザインを方向づけたと言ってもよい田中一光先生の著書。氏の著書、作品集はどれでも見て勉強になるけれど、若いデザイナーが知らなかったりするので、載せておきます。

鬼の一言

最近、京都のアパレルブランドと和菓子屋さんのコラボレーション企画について、少しお手伝いをした。もう記者発表されてるから、詳しく商品について話しても良いんだろうけれど、あと一週間ほどであるところにお店がオープンするのでまだ詳細は伏せておく。

 

今日、その和菓子屋さんの社長とお話をしていて、「凄いものづくりをする人は平気で鬼のようなことを言う」ということで意見が一致した。

例えば、数週間掛かってデザイナーの指示通りに職人さんが仕上げたモノがあるとしよう。そのモノが開店一週間前に、デザイナー自らがその出来をチェックしたとき、指示したデザインと少し違う部分があったとする。さて、あなたならどうしますか?もはや作り直す時間はないか、あっても徹夜を何日かしなければ間に合わないタイミングであることは、全員が分かっていることです。

 

デザイナーは一言「作り直そうか」と。現場がシーンと静まり返るなか、もう一度そのデザイナーは言います。

 

「今から作り直そうか」

 

この一言がなかなか言えないんだなぁ。。

その場の空気、残りのスケジュール、これまでの職人さん及びスタッフの努力、予算…

これらが一気に頭の中を駆け巡り、デザイナーとして「これぐらいならOKしようか」と思ってしまいがち。デザイナーの鬼のような一言で、関わる全員が今まで以上の力を再び出さなければならなくなります。制作過程、技術的なことを知るほどに言えなくなります。

 

デザインの現場では良くあることですよね。で、スタッフ全員に死刑宣告をするにも等しい、その一言を言えるかどうかで最終的な仕上がり、パーフェクトなモノと成るかが変わる。誰もが経験し、時には妥協したことがあると思います。

 

凄い人は、鬼になるのです。

 

人に厳しいだけでなく、ものづくりに厳しく妥協しないからこそ、素晴らしいデザインを完成させるのです。そして、凄いものづくりをする人は、他人だけではなく自分にも厳しいので、その作り直す為に必要な努力もスタッフ以上にしているんですが。

 

僕にも経験があるけれど、周りの空気を読んで妥協した時は、必ず後悔となり言い訳となるし、結果的な評価も決して良くはないということ。しかし妥協せず「鬼のような一言」で、一時は厳しい状況になっても結果的に高く評価され、残るモノを作ることができて関わる全員が良かったと思えます。

 

ま、無茶振りしても死ぬようなことはないし、なんとか成っちゃうもんです。何とか成らない時もあるんだけど。。

 

 

やらずに後悔するよりは、やって後悔した方が良い。

強い想いは必ず道をつくる。

 

と、思います。

ただし、成し遂げるための最大限の準備と努力は必須だけど。

 

さて、明日は鬼にならなくて澄むように、まずは段取りと調整、打合せ。下準備は丁寧に漏れなく、繊細に。デザインと企画は大胆に、臨機応変に。

五条の陶器祭りと六道まいりから東京オリンピックで佐々木宏氏に注目したいけど、ザハ・ハディド氏のスタジアムも見たかったなと

f:id:gridGraphic:20180808102022j:plain


京都は五条坂で「京都・五条坂〜陶器まつり」が始まった。地元民は「陶器市」と呼ぶこの祭は、五条坂五条通の川端から東大路までの間)に京都の陶器屋さん、陶芸家、工房などが仮設のお店を出して、五条通が陶器の市場になるイベント。まぁ、毎年この陶器市は暑いんだけど、同時に「六道まいり」(六道珍皇寺)も行われ、京都人にとっては「ああ、墓参り行かなあかんなぁ」と思う季節。

しかし、今年は暑いね〜。

再来年の東京リンピックでサマータイムの導入や甲子園でや高校総体の開催時期などが取りざたされるほど、この暑さが問題になっている。高校野球は夏休みでないとこれだけの大きな大会が開催できないという理由が分からなくはないけれど、ナイターにするとか東京ドームで開催するとか、東北や北海道の球場で開催するなど方法はあるように思う。オリンピックもそうだけど、スポンサーや放映権の都合で開催日時が限定されてしまうとも言われてる。もはやアマチュア精神に則った平和の祭典ではなく、商業主義に則った興行であることは、みなが気づいていることでもあるんだけれど。ただ、建前上はスポーツの祭典、平和の祭典ということなので、せめて商業至上ではなく、選手至上のアスリートファーストであって欲しいものだなと。

ということで、東京オリンピック 2020。
先日、野村萬斎さんが開会式演出の総合統括に就任ということで期待が高まる訳ですが、僕としてはパラリンピック担当の佐々木宏さんが何をされるのかが気になってる。佐々木宏さんを知らないという方は、こちらのWiki(佐々木宏:クリエーター)をご参照ください。元電通でコピライター、クリエイティブディレクターとして様々な仕事をされ、ADCやTCCに始まり、カンヌ広告賞、ほか主要な広告賞を多数受賞というスーパースターで、今も第一線で活躍されています。2020年は、オリンピックも楽しみだけど、いつも以上にパラリンピックにも注目したいと思います。

と言いながら、オリンピックエンブレムとメインスタジアムでケチがついたスタートとなり、今もいろいろと問題が指摘されて間に合うのかとまで言われてるけど、ロシアやロンドン、北京の各オリンピックも間に合わないと言われながらも盛り上がってちゃんと成立したことを考えると、2020年の東京オリンピックも必ず成功するとは思います。たぶん。知らんけど。。

僕としては、ザハ・ハディドさんがデザインしたスタジアムで良かったと思うんだけどなぁ。結果的に費用も変わらないようだし。もしできていたら、ザハ・ハディドさんの遺作となっていたかも知れないし。ああ、見たかったなぁ。

 

佐々木宏 (世界のグラフィックデザイン)

佐々木宏 (世界のグラフィックデザイン)

 
新訳『ドラえもん』

新訳『ドラえもん』

 
「広告」がスラスラわかる本―60分で知ったかぶり! (DO BOOKS)

「広告」がスラスラわかる本―60分で知ったかぶり! (DO BOOKS)

 

 

花傘巡行が猛暑で中止されたということで、ちょっと遡ってみた。

f:id:gridGraphic:20180724173949j:plain

 

祇園祭の後祭「花傘巡行」が中止になったということで、調べると869年(貞観11年)に始まったとされる「祇園祭」は、今年で1149年も続いています。その馬がい歴史のなかで、祭(巡行)が中止になったのは実は数えるほどしかありません。

◯2003年(大雨で中止) ←これが一番最近
◯1962年(四条通の地下で鉄道延伸工事)
1884年(悪天候)
◯1941年(太平洋戦争)
◯1582年(本能寺の変
◯1467年(応仁の乱

すごい。なんか教科書で見た文字が並んでる。


ということで、3年前の大型台風のときに山鉾巡行が中止になるんじゃないかと言われた時にも記事を書いていました。

gridgraphic.hatenablog.com

 

 去年も祇園祭について書いてたりします。
併せて読んでいただけると嬉しいです。

gridgraphic.hatenablog.com

 
でも僕の知る限り、山鉾巡行神幸祭還幸祭で大雨や台風になったというのはあまりありません。かすめることはあっても、実施されるときは晴れてたりします。(ほとんど現場に見に行ったことはないんだけど)

しかし、今年の暑さは異常ですね。
京都は先週からずっと雨も振らず、37℃〜40℃近い気温です。元々、日本の天災、厄災を払い、国民の平穏無事を祈るための「祇園祭」。平成最後となる夏、このところ続く大雨や地震、日照りをおさめ、皆が安心して暮らせるように祈りたいと思います。


※トップの写真は、今年の前祭 山鉾巡行前の「薙刀鉾」です。




全然話は変わりますが、先日美人画家の鶴田一郎先生の個展に伺った時に、井上章一先生のトークイベントがありました。もう素晴らしく面白かったので、こちらの本を紹介しておきます。京都人(特に洛外出身の方:僕もですがw)は必読の書。
『京都ぎらい』と、その続編『京都ぎらい 官能編』です。「官能編」は必ず後で読むことをおすすめします。

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

 
京都ぎらい 官能篇 (朝日新書)

京都ぎらい 官能篇 (朝日新書)

 

働くことはそれはそれで大切なことなんだけど、18や22で一生を決めるなんて難しいよね

https://www.instagram.com/p/BkhQFK8FvM4/


先日クライアントと打ち合わせの途中、その会社の社長が僕にこのような話をされました。

ある社外のイベント(レクリエーションに近い)に参加する人には、会社から交通費と費用の一部負担するとして全社員に募ったところ、参加を希望した社員が5名だったと。そのイベントは会社とも取引関係のある企業が主催していて、社長ご自身も参加する予定とのことでした。社長は「そんなに会社関係の行事に参加したくないものなのだろうか」と僕に聞かれました。

僕が会社に勤めていたのはもう20年以上前になるけれど、その頃でも新年会や忘年会、社員旅行といった社内行事はできるだけ参加したくないという人は居たし、仕事帰りに上司や先輩と飲みに行くのは嫌だという人も居ました。でもその頃は「飲みにケーション」という言葉があったように、会社が費用を負担する飲み会(タダ酒が飲めること)を喜ぶ人の方が多かったような気がします。
現在では個人のプライバシー保護や業務時間外の自由とその確保に努め、仕事以外での付き合いの強要などはパワハラになるなど、昔に比べると個人の権利が守られるようになったと思いますが、それゆえに少し窮屈で僕なんかは余計に気を使うことも多くなりました。

というような話をしていて、「嫌なら会社を辞めれば良い」という意見がもあり、僕自身がフリーランスということもあって、働くということについて少し考えてみました


高卒で18歳、大卒で22歳。その時点で長い人生の設計をしなければならない不思議

現代では多くの人が高校もしくは大学まで進学、卒業するようになったと思います。ほとんどの人が高卒時点で18歳、大卒の場合は22歳の学校卒業と同時に就職をするべく準備をするはずです。僕の場合は18歳で高校を卒業後、大学に進学するか就職するか非常に悩みました。高校1年生の時に父を亡くしたこともあり、大学進学のための費用と母親に掛けてしまう負担を思い、奨学金を得てなお推薦を受けて大学進学する道もありましたが、奨学金は返済しなくてはならず、大学で何を学べば良いのかも自覚していない状態では、学費が無駄になると考えて就職する道を選びました。しかし、いざ働くといってもやりたい仕事や働きたい会社があった訳ではありません。そこで、父の墓があるお寺の住職の勧めもあり、小さい頃から好きだった仏像を彫る工房に弟子入りすることを試みます。しかしその工房の師匠からは、僕が運慶快慶ほどの才能の持ち主でも無い限り、その世界で食っていくことが非常に難しいということを聞かされ、結果的に断念しました。

家業が仏像関係でないということは、ルートがないため余程の才覚と技術がない限り新規参入というか、一本立ちすることは難しいこと、仮に弟子として修行を積んでも一生弟子=師匠の工房で職人として生きる道のどちらかを選ぶことになると。18歳(実際には17歳)の僕は自分の10年後、20年後、50年後を想像し、その道で生きていき、しかも成功する姿を想像することができませんでした。そんな自信も目論見も持てませんでした。ただ、これから将来的には年老いていく母をしっかりと守らなければならないという覚悟のようなものしかありませんでした。

というように、17〜18歳の時点で、人生が70年〜80年あるとして、その一生を決めるかもしれない判断などできようはずもありませんが、それを決めなければならないのです。最終的に僕が出した答えは、高卒と同時に1年間働きまくって資金をため、専門学校に行ってデザイナーになる。そして10年後に独立して起業するというものでした。


専門学校で教わった技術はそれほど役立たなかったけれど、人との出会いは宝となった

1年間アルバイト三昧の生活をして専門学校へ入学した後もアルバイトを続けながら2年間の学生生活を楽しみ、その2年の間の春休み、夏休み、冬休みには、大阪や京都のデザイン事務所や先生に紹介してもらった会社などにデザインを学びに行くことをしていました。今のようにネットも携帯電話もない時代ですので、すべて電話で直接アポイントを取っては、「タダで働かせてください」と履歴書とポートフォリオを持って回るようなことをしていました。時代はバブルの末期(実際はバブルが弾けた後なんだけど、デザイン業界はまだその余韻で潤っていた状態)で、猫の手も借りたい会社は山のようにあり、タダで働いてくれるならと結構な割合で潜り込むことができました。

そして、資料探し、原稿を届ける、撮影時の小道具集め、版下作業やラフ制作などの作業をしながら、色んな先輩デザイナーの仕事を横目で見ては独りメモを取ったり、夜中に真似てデザインをしたりする日々を送っていました。そして専門学校卒業時には、そのなかの一社から「自分、うちで働くか?」という感じで、そのまま就職するという事になりました。

この専門学校時代の同級生、先生、そして就職した会社でのたくさんの人との出会いがとても大切で、現在のデザインの基礎になるものばかりが凝縮した濃密な期間だったように思います。専門学校で教わった様々なテクニックや知識のようなものは、今思えば就職後に粉々に砕ける程度の深さと内容だった気がします。それでも、この期間があったからこそ今があると思います。


実は僕の卒業した専門学校は京都では最も古いデザイン系の学校で(現在は無くなってしまい残念だけど)、ここの卒業生であることを僕は誇りに思っていたりします。で、Facebookにも卒業(最終学歴)として表記しているんだけど、他の卒業生はここを卒業したことを隠すというか、若干恥ずかしいと思っているフシがあるのです。京都には芸大を含めて大学がたくさんあるからなのかな?事実、同期のみんなからも、うちの学校を卒業したと堂々と言ってるのはお前くらいだと言われるほど。でもその甲斐あってか、現在ニューヨークで活躍されている大先輩からFacebook経由で声を掛けて頂くなんてこともあったりしました。

 

 何度でもやり直せば良いし、そうなるような仕組みがあれば良いのかも

長々と僕の高校卒業から就職までの経緯をお話しましたが、僕が「働く」ということで考えたというか、思ったこと。

  1. 18歳や22歳で人生を決められない(多分ほとんどの人がそうじゃないか)
  2. 仮に18歳で就職して、2〜3年で道を変えても良いんじゃないか(ということを普通にできるようになる)
  3. 色んなことを試しながら、好きな仕事とかやりたい仕事とかを見つけられるようになれば良い
  4. ということは、小中高校での学び=教育が大切なんじゃないか
  5. 働く前に教育(様々な知識を得ること)が大切で、また何を学ぶかも自分で選択でき、そして生きる事・方法を学ぶ必要がある
  6. いっその事大学まですべて無償化して、全員22歳までは学ぶ社会にすれば良いんじゃないか
  7. 例えば18歳で高校卒業時に就職して、それから35歳で会社やめて、そこから大学に入って専門的なことを学び直すみたいなことが可能なら理想的かな 


現在の日本のシステムで、そういう生き方は難しいと思います。一部上場企業や国家公務員であれば、限りなく一生「職」=「収入を得る」という面での不安は軽減できます。そして、その大企業や国に勤めて安心を得ながら、その中にやりがいのある仕事を見出すこともあるし、それを選び目指すことも自由です。日本の99%が中小零細企業と言われますが、その中小企業でも世界を相手に凄い仕事をしていたり、とんでもない技術を持った人が居たりするし、そういう世界で生きることもひとつの答えです。また自分を探しながら、職も色々と変えながら生きていくことも自由だと思います。ただどんな生き方であろうと、自由を得るにはその分の努力が必要になります。そして、そのことを理解する程度の人生経験や大人度みたいなことは必要にはなると思います。


と、結局何が言いたかったのか微妙ですが、働くことが幸せを得るためのひとつの方法かも知れないし、働ける場があるだけでも幸せだし、働くことそのものに幸せを感じるのかも知れません。僕は働く=デザインすることで、一人でも多くの人の役に立ったり、喜ばれたり、そのデザインで誰かが幸せになったりすることが、僕の幸せで生きがいだと感じています。みなさんはどうでしょうか?