デザインの余白

デザイナーの気ままなブログ。デザインのこと、京都のこと、そして気になること。 God is in the Details

京都でデザイナーがトークイベントをやる訳

f:id:gridGraphic:20150205125520j:plain



僕(たち)はソーシャルだけの告知で、京都で小ぢんまりとトークイベントを隔月開催しています。その名も“Desalon Kyoto(デザロン・キョウト)”。早いもので、すでに14回(3年近く)になります。

グラフィック・デザイナーの僕と、IT会社を経営するプロデューサー、そしてプロダクト・デザイナーの3人で主催するトークイベントです。「デザイン」「ギロン」「サロン」をテーマに毎回ゲストをお迎えして、様々なお話を聞きながら4人でトークするというものです。

基本的なコンセプトは、主催者の3人が話を聞いてみたい人、会ってみたい人をゲストに迎える。また、たくさんの人にそのゲストのことを知ってもらい、近い距離でコミュニケーションすることです。そして、ゲストはものづくりに関わる人を中心にお招きしています。

デザイナー、作家、アーティスト、職人、ミュージシャンなど様々です。


最初に3人でこのイベントを企画した時、京都を中心に活躍するクリエーターと京都で学ぶ、将来デザイナーなどのものづくりを志す学生や若いデザイナー達を結べないだろうかと考えました。そうするともっと楽しい事が、ここ京都から起こるんじゃないだろうかと。

僕たちは普段何気なく沢山のクリエーターと仕事をしていますが、学生や若手はなかなか出会えなかったりしますし、一線で活躍されている方々に話を聞くのは勇気が要ります。そういう普通ではなかなか近い距離で会えない方と親しくお話をし、またイベントに来られた皆さんが意見交換や交流する場所をつくろうとした試みです。


元々京都にはモノづくりの職人さん、会社が多く、今や世界的な企業となっているけれど、最初は小さなベンチャーだったり、伝統を守りつつもアグレッシブに新しいものを取り入れていく気風がある土地だと思います。そして、そんな京都から業界の一線で活躍する人を通して何かが見えてくるような気もしています。


先に書きましたが、このイベントはもう14回、3年目に入りました。ゲストも11名(3回は主催者だけでぶっちゃけトークを開催)に。今年も9月まではすでにゲストが決まっています。



まぁ、乾杯でスタートしてお酒を飲みながらトークをする(徐々に酔っていくので、かなりぶっちゃけトークも飛び出します)という、とてもフランクなイベントで、毎回僕自身が一番楽しんでいるんじゃないかと思います。ゲストも参加者も皆とってもいい表情で、毎回恒例の記念写真にはそれが現れています。



ということで、次は4月を予定しています。

最近は毎回直ぐに席がなくなる人気のイベントっぽくなってきてて、嬉しい限りです。告知は、FcaebookとTwitterで流しますので、もし興味のある方は注目しておいてくださいね。

 


Desalon Kyoto Facebookページ
https://www.facebook.com/Desalon.Kyoto

Desalon Kyoto Twitterアカウント
https://twitter.com/DesalonKyoto


パーソナリティ:
八十住 孝(マザー株式会社 代表)
福田 恵子(デザイナー・IMOS Design 代表)
大衡 秋逸郎(アートディレクター・gridGraphic 代表) 


f:id:gridGraphic:20150205125655j:plain

 ↑ 会場の様子。みなさん真剣にトークを聞いてくださっています。
 トップの写真は、vol.014 染色家  玉村咏 氏とのトークの様子です。

 


過去のゲストは、こちらです。
凄いでしょ!w


001〈2012.08〉 ゲストなし
002〈2012.10〉 デザイナー 村田 良平 氏(りてん堂
003〈2013.01〉 錫師 山中 源兵衛 氏(清課堂
004〈2013.03〉 デザイナー 辻村 久信 氏(ムーンバランス
005〈2013.06〉 ゲストなし
006〈2013.07〉 男衆 堀切 修嗣 氏(花風
007〈2013.09〉 和紙ディレクター 堀木 エリ子 氏(堀木エリ子&アソシエイツ
008〈2013.11〉 スペースデザイナー 杉木 源三 氏(スペース
009〈2014.01〉 ゲストなし
010〈2014.03〉 バッグデザイナー カズヨ・ナカノ
011〈2014.05〉 プロデューサー 若林 剛之 氏(SOU・SOU
012〈2014.07〉 シンガーソングライター 池田 聡
013〈2014.09〉 書家 川尾 朋子
014〈2015.01〉 染色家 玉村 咏 氏(ギャラリー攸