読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインの余白

デザイナーの気ままなブログ。デザインのこと、京都のこと、そして気になること。 God is in the Details

ゴッホの価値とデザイン費

Art

f:id:gridGraphic:20130716001336j:plain

 

例えば、ゴッホのある絵が5億円として、その絵が本当に5億円という価格が適正なのかなんて殆どの人には分からない。そして個人で買うことなど思いもしない。

でもその同じ絵が300万円なら少しムリをしたら買えそうな気がするけども、その価格が適正なのかはどうかはやっぱりわからない。



その価格で納得する人が買えば良いという話になると、これは「お布施」と同じ事になってしまう。



僕が生業としているデザインにおける、「デザイン費」なんかも一般の人からするとゴッホの絵と同じことなんだけど、サイズや仕様だけで全国どこでも、どのデザイナーでも同じ価格という訳にはいかないんだな。。

そこには量的な指数だけでは割り出せない、質的なものや経験や技術といった「目に見えない何か」が必ずあるから。この辺りを明確にしようとこれまでずっと考えているんだけど、それを簡単に明確に説明するのは未だに難しい。。

デザインの協会なんかが発表している計算式を見ても、このことが如何に複雑で数値化し難いかがわかるんだな。。


ゴッホのように死んでしまってから価値が理解されても、僕は困るし。。笑

 

 

 

ーーー
ゴッホ展 -空白のパリを追う-』
京都市美術館にて開催中。 4月2日〜5月19日まで
http://www.digistyle-kyoto.com/event/tenrankai/shibi_Gogh.html

 



f:id:gridGraphic:20150105140230j:plain
にほんブログ村

 

ゴッホ全油彩画 25周年

ゴッホ全油彩画 25周年